プライバシーポリシー サイトマップ


環境への取り組み

コマクサファームでは環境問題と向き合う事をテーマに、養豚産業ではかなり早い時期から強制堆肥発酵装置や活性汚泥法浄化槽整備、脱臭設備の導入など、環境に取り組んできました。迷惑産業というイメージの脱却をテーマに、地域住民との共存出来る養豚を目指し、本気で努力しています。


糞尿処理施設

糞処理

中部エコテック製堆肥発酵コンポストを10機備え、常に余裕を持った糞処理を徹底しています。 この装置を通し、強制発酵させることにより、水分を除去し、臭いも激減、土のようにサラサラに乾燥した完熟堆肥 を作っています。更にコンポストから発生するガスは、木材チップの脱臭層を通り、排気しています。

 

こちらの完熟堆肥は無料で差し上げていますのでお気軽にお問い合わせください。運搬ダンプの貸し出しも、ご相談ください。

汚水処理

汚水は全て活性汚泥法の浄化槽にて浄化されます。平笠農場には群立機器製活性汚泥法浄化槽。松尾農場には伊藤忠林業製ラグーン浄化槽が余裕を持って運転する為、大容量で完備されています。これらによって高い水準まで浄化されます。

 


ホーム 会社概要 商品について 生産拠点 環境への取り組み 採用情報 お問い合わせ

 

Copyright © 2002 KOMAKUSA FARM Inc. All rights reserved.