プライバシーポリシー サイトマップ


3サイトシステム

コマクサファームでは高い水準での生産性を保つ為、3サイト、オールインオールアウト生産システムを採用しています。農場を繁殖部門、離乳部門、肥育部門に分散することにより、疾病からのリスクを最小限に抑え、健康な豚つくりを実現しています。

 

クリックで地図を拡大できます

 

J: 本社、農場事務所
T: 玉山繁殖農場
M: 松尾肥育農場
H: 平笠繁殖農場

 


玉山繁殖農場(盛岡市玉山区)

玉山繁殖農場は生産の基本となる繁殖部門を受け持つ農場となります。妊娠→分娩→授乳までをここの農場で行います。 ここでは早期離乳など、海外、国内発信のさまざまな最新の飼育技術を駆使して、日々生産向上へのプログラムをこなしています。

 

常時稼動母豚数 1600頭
年間離乳頭数 40,000頭
授乳日数 上限21日(SEW)
稼動品種 LW+D=LWD
精液導入元 メンデルジャパン

松尾離乳農場(八幡平市松尾)

松尾離乳農場は親離れしたばかりのデリケートな子豚を最新鋭の環境システムにて飼育する、ハイテク農場です。全てコンピューター制御された換気システムは成長に合わせて環境を制御します。それにより最高の生産パフォーマンスが実現しています。

 

常時在庫数 7,000頭
サイクル 1ロット400頭X20部屋
滞在日数 21日例〜84日例

体重推移

6.2kg〜40kg
   

平笠肥育農場(八幡平市平笠)

平笠肥育農場は松尾離乳農場を経た生後84日例の豚が出荷までの3ヶ月を過ごす農場です。この時期になると肝心なのが出荷に向けて肉質への配慮です。杜仲茶もこの段階から添加し始めますので、まさに仕上げ農場となります。ステンドグラス豚舎の中、音楽を聴きながら出荷に向けて育っていきます。

 

常時在庫数

10,000頭
年間出荷頭数 38,000頭
サイクル

1ロット400頭x36部屋

(その他オフサイト有)

平均出荷日例 生後180日

輸送部門

 

コマクサファームでは徹底した防疫の為、全ての豚、飼料の輸送は全て自社トラックにて行っています。運送部門スタッフが養豚とリンクした防疫の知識、従業員教育により、外部からの疾病を100% ブロックします。そして安心して市場へと豚も輸送されます。

 

飼料運搬車 25tトレーラーx1台  13tバルクx3台
市場出荷専用車 12t家畜運搬トラックx3台
繁殖〜離乳移動専用車 4t家畜運搬トラック1台
離乳〜肥育移動専用車 12t家畜運搬トラックx1台
堆肥運搬専用車 4txダンプ2台 6tダンプx1台

ホーム 会社概要 商品について 生産拠点 環境への取り組み 採用情報 お問い合わせ

 

Copyright © 2002 KOMAKUSA FARM Inc. All rights reserved.